向精神薬処方に関するアジア国際共同研究

| Japanese | English |

 
 向精神薬処方に関するアジア共同研究 (Research on Asian psychotropic prescription pattern; REAP) のホームページをご覧いただき有難うございます。

 REAP は アジアの精神医学分野における最大・最長の国際共同研究です。
 神戸大学医学部・医学研究国際交流センターは、日本学術振興会の支援の下でシンガポール大学医学部と協力して精神神経学分野の国際シンポジウムを1999年12月に開催しました。会議で、アジア参加国間で, 向精神薬処方が大きく異なることが指摘され、アジアでの入院統合失調患者への向精神薬処方に関する国際共同研究が提案されました。
 統一された研究プロトコール、調査票を用いた国際共同調査が、2001年、中国、韓国、日本、香港、台湾、シンガポールの6か国で行われました。以降、2001年から2016年にかけて、6回の国際共同調査を行いました。4回の調査は、アジア各国の入院統合失調患者の処方に関する調査で、2回は抗うつ薬の処方に関する調査です。

ホームページは英語ですが
  1. REAPの概要
  2. REAP のデーターに基づいた論文。英文で60以上になります。 合計のimpact factor は100を超えます。First authors は、香港、シンガポール、台湾、韓国、インド、マレイシア、中国と多岐にわたります。数は少ないですが日本のメンバーの論文もあります。
  3. 参加国、参加施設。2001年の調査では6か国でしたが、2013年の 抗うつ薬の処方調査には中国、韓国、日本、香港、台湾、シンガポール、タイ、マレイシア、インド、インドネシアの10か国、40施設が参加しました。
  4. REAP の集まりと写真。REAP は2002年横浜で開催された世界精神医学会でのシンポジウムをはじめとして、世界精神医学会、世界社会精神医学会、環太平洋精神医学会、CINPを始めとした国際学会で30以上のシンポジウムを企画開催しています。
  5. 2016年の統合失調患患者の処方調査には、上の10か国に加え、ベトナム、ミアンマー、スリランカ、バングラデシュ、パキスタンが加わり合計15か国が参加しました。アジアの教育研究拠点となる精神科医療施設が60か所以上参加しています。現在、各国の参加メンバーが調査結果のデーターをもとに様々な角度からの分析を行い、論文作成中です。

 REAP はアジアの先進国、途上国の間で精神医学分野での研究推進に努めています。
また、参加各国での向精神薬の処方のあり方を改善に努めています。

2016年12月 REAPを代表して

 

新福 尚隆 Japan
Tan Chay Hoon, Singapore